創刊29年リフォームの専門新聞社

リフォームのハテナを記者がずばりと解決

バリアフリー

高齢になっても住みよい間取りは?

お年寄りが快適・安全に暮らせる理想の間取りは、まず寝室の近くにトイレがあることです。夜中や早朝、長い廊下を通ってトイレに行くのは、つまずくおそれや、寝室と廊下の気温差によるヒートショックなど、お年寄りにとっては負担が大きいものです。寝室の近くに出入りしやすいトイレを設け、暖房器具も置きましょう。

また将来を考えると、ヘルパーさんや訪問治療を依頼しやすいように、家族の生活スペースとリハビリや治療を受ける部屋とを分けておくことも良いでしょう。生活動線と外からの人の出入りの動線を分け、家族の生活リズムやプライバシーを守る工夫も大切です。

 

cf982e9f71239bb9bf8151937b2224bf_s

関連記事