創刊29年リフォームの専門新聞社

リフォームのハテナを記者がずばりと解決

床材

フローリングに表示される「L値」って何?

「L値」は、床の衝撃音に対する、空間の遮音性能を表す値です。階上の衝撃音が、その床材を施工することでどれくらい緩和されたかを示した数値で、数字が小さいほど遮音効果が高いことを表します。

リフォームではカーペットや畳といった柔らかな床材からフローリングにすると下階に音が響きやすくなるので、特に注意が必要となります。フローリング材を選ぶ際には、商品ごとに示されているL値を目安にして、できればL-45またはL-50に対応したフローリング材が望ましいといえます。

ただしL値は一定の空間における性能を表すため、建物の条件により感じられる効果にばらつきが出る可能性があることも理解しておきましょう。

 

84bff290221347a3bcf637d5862bd9bb_s

関連記事